このカテゴリに記事は存在しません。このページにサブカテゴリを表示するには、記事を含んでいる必要があります。

サブカテゴリ

  • 自然エネルギー環境教育

    温暖化などの環境問題が進む中、今すぐ取組める方法は何でしょうか。その一つに使うエネルギーを少なくして自分達が使うエネルギーは自然エネルギーでまかなう方法があります。「エネルギーの自給」は夢ではありません。身近なところから実践できるよう、自然エネルギーの普及をめざし、分かりやすい本を出版したり、各地で体験講習会や自然エネルギー学校、シンポジウムなどを開催していきます。

  • エネルギーシフト

    エネルギーシフトプロジェクトは、REPPの活動全体の基本概念であるエネルギーシフト構想を組み立てる活動です。

    REPPでは、1997年より主に自然エネルギー(再生可能エネルギー)推進の取組みを行ってきました。この中で、現在のエネルギー利用の枠組みの中では自然エネルギーの導入推進だけでは地球温暖化問題・資源枯渇問題をはじめとする化石・核資源の大量消費が引き起こす問題を解決することが困難であることを痛感してきました。そこで、現在REPPでは、「エネルギーシフト」の概念を基本とする活動を展開することとしました。1800年代より始まった産業革命以後のエネルギー管理の集中化、巨大化により、

    化石・核資源の大量消費による環境問題

    遠隔地の巨大エネルギー施設への依存が引き起こすエネルギー安全保障問題とエネルギーロスの問題

    市民のエネルギーへの関心が奪われ自らのエネルギー消費の管理の機会を奪われている問題

    などが引き起こされています。この状況を鑑み、エネルギーシフトとは、化石・核資源を中心とした浪費型消費社会から、持続的な小規模分散型の自然エネルギーと省エネルギーを組み合わせたエネルギー利用を中心とした循環型社会へのシフトを計るものです。具体的には、

    地域にある自然の宝(エネルギー資源)を探す

    自然エネルギーの自給率を大胆に上げる

    町や村のグランドデザインを持つ

    市民参加を基本とする

    ことを目指し活動します。

     

    エネルギーシフトプロジェクトでは、主に、エネルギーシフトを趣旨としたシンポジウムを開催したり、普段行っている個々の活動を総合的に組み合わせたシンポジウムを開催したりして、全体の構想を組み立てる作業を行います。シンポジウムには、どなたでも参加することができます。ご案内は、トップページに「イベント案内」として随時掲載いたします。みなさまのご参加をお待ちしています。 

  • 中国・雲南農村再生可能エネルギー推進プロジェクト
  • 建てよう風力市民協同発電所

    風力市民共同発電所の建設をめざし、2001年8月よりセミナー、風車見学会、勉強会等を通して基礎知識の取得、情報収集を行ってきました。同時に関東周辺の適地探しも実施しました。2002年12月に千葉県から許可を得、海浜幕張の土地に風況精査機を設置することができました。今年度は7月に地元自治会とREPPメンバーを中心に集まり進め方の確認をしてきました。8月よりそれぞれ役割分担をし、市民風車建設に向けて活動を進めていきます。

  • 太陽光発電データ分析
  • バイオマス利用

    バイオマス利用プロジェクトとは

     

    2001年度より関心のある市民が集まり3つのワーキンググループに分かれて、(1)各地のバイオマス事例(2)木質バイオマスモデルケース作り(3)バイオマス利用の燃料電池調査 を行ってきました。2003年8月にこれら活動の報告書作成を終了し、引き続きバイオマス利用に関する調査を続けます。

     

    3つのワーキンググループ

     

    ・WG1バイオマスを体系的に整理しよう

    自治体はじめ日本各地で様々なバイオマスがプロジェクトが立ち上がっています。木質バイオマス、畜産バイオマスなどバイオマスへの取り組みを情報収集し、全国でどのような動きが起こっているのかを把握する作業を行います。

    ・WG2:バイマス燃料電池研究会

    燃料電池は天然ガス、ガソリンからの水素利用ばかりが注目されています。分散型エネルギーの発展やコージェネレーションによる効率的なエネルギー利用には一役買いますが、これらは化石燃料であり、根本的なCO2削減ではありません。私たちは再生可能エネルギー推進の立場からバイオガス利用の燃料電池の可能性を調べていきます。

    ・WG3:木質バイオマスモデル地区づくり 

    木質バイオマス利用について議論は高まっていますが、自治体や森林組合などの取り組みもまだ軌道に乗っているとはいえません。市民中心の取り組みも少ないのが現状です。私たちは実践しながら、問題点や方法を学ぶという目的のため、場所を限定してバイオマス導入のモデルづくりを試みます。

    2001年度から始めたこれら3つのワーキンググループの活動をベースに、2003年度には報告書をまとめました。

     

    バイオマス利用プロジェクトの実行委員会、セミナーは、どなたでも参加することができます。ご案内は、トップページに「イベント案内」として随時掲載いたします。みなさまのご参加をお待ちしています。 

  • エコキャンプ

    自然の中でアウトドアするのは好きだけど、難しいことを頭で考えているだけはつまらない!自然エネルギーって何のこと?うんちくを聞いても感覚として分からない!そんなこえに答えて、頭からではなく、体で、感覚で自然のめぐみとアウトドアから自然エネルギーを体感するキャンプを企画・運営するのがエコキャンプです。自然の豊富な場所や自然エネルギーを実際に取り入れている場所でキャンプをし、太陽光キットで遊んだり、バイオマスの原料になる牛の牧場へ訪ねたり、川遊びしながら小水力を考えたり。でも夜にはもっと深い自然エネルギーの世界に窓を開けてくれる、夜の寺子屋も開催したりします。

     

    参加について

     

    エコキャンププロジェクトで企画・運営するエコキャンプは、どなたでも参加することができます。ご案内は、トップページに「イベント案内」として随時掲載いたします。みなさまのご参加をお待ちしています。