reppはこう考えます

市民主導で省エネと自然エネルギーの普及を 地球環境の破壊はさらに深刻化しています。

中でも重要なエネルギー問題では、発電に伴う汚染が大きな割合を占めています。

その答えは明からです。

まずエネルギー消費量を減らすこと、そして何度も再生できる自然エネルギーを利用することです。

それによって、クリーンで経済的にも十分になりたつ「地域分散型エネルギー社会」「自分達のエネルギーは自分達で作る社会」を実現したいと思っています。

「自然のめぐみで自然に暮らす」―そんな未来をみなさんと共有したいと思っています。

自然な暮らしが可能な社会を私達市民の手で実現しませんか。

 

エネルギーを自分たちの手に

エネルギーは、大きな電力会社やガス会社などにお任せと考えていませんか?

エネルギーは、小さなことからはじめることができます。自分たちで選んで利用できるんです。

自然エネルギーは、小さくてとても使えないと思っていませんか?

みんなが少しづつでも導入していけば、それは大きなものになるんです。

そして、自給自足のエネルギーを得ることできるんです。

器を小さく、そして自然エネルギーを

 

自然エネルギーは高くて導入できないと考えていませんか?

確かに、今のままでは必要なエネルギーを自給自足するには、お金がかかります。

しかし、今のままの必要なエネルギーを小さくできればどうですか?

そう、省エネルギーです。

自分の利用するのに必要なエネルギー量、これを器と考えてください。

それに注ぐエネルギーは自然エネルギーです。

大きな器に大きな自然エネルギーを注ぐ必要はありません。

まず、器を小さくしましょう。

そして、そこに自然エネルギーを注ぐ。なにも難しいことではないのです。

 

エネルギーシフト 

想像しましょう、自然エネルギーだけの社会を。

石油を取り合うことのない、平和な世界を。

そのために、徐々にゆっくりでいいからエネルギーをシフトしていきましょう。

大きな中央集権的なエネルギーから、自分たちのエネルギーへ。

本当にクリーンでピースなエネルギーへと。

 

REPPでは 

REPPでは,エネルギーシフトをめざし、省エネルギーの促進、自然エネルギー導入推進のため、

さまざまなプロジェクトを行っています。

市民からの提案を皆さんで行いましょう。